• Point;Lanterns (Eaglehawk Neck) イーグルホックネック/ タスマニア Depth;2m−6m water temp; 19 ℃ Visibility/透視度;8−10m

ホバート空港から、車で1時間。バスも利用できますが、ダイビングショップから、ホバートへの午後便はないので、ダイビングの後は最高のロケーションのお家で飲んで話して、次の日の朝に出発することをお勧めします(´∀`)

アザラシ・アシカ・オットセイ・トド。。。誰がどなたか解らないので、会う前に失礼のないように、ググりました(´∀`)

アザラシ(seal)…前足が短く後ろ足が長い。お腹を使って芋虫のように歩きます。耳の穴はあるが耳たぶはない。*キタゾウアザラシは1500mまで潜水した記録がある!

アシカ(sea lion)…尾びれを前に曲げて4足歩行します。水族館のショーでよく見かけると思います。

オットセイ(fur seal)…前足が長い。

トド(sea lion)…アシカと同じ名前。アシカ科の最大種。出産直後は1m・18−22kg、そこから、最大全長330cm,オスは約1000kg,メスは約300kg!に成長する。

セイウチ(walrus)…牙を持つ。

写真集スタート、水面に30匹くらいのオットセイが眠っています。休んでいるだけなのかな⁈前ヒレで尾びれを持ち顔を水面から出して片目を閉じて休んでいます。

大きなお腹と可愛い足ヒレ。顔は水面に出して呼吸しています。

ボート、海の中に潜って来ました。

手を水面から出して、本当は…顔も出したかったけど、水の中、呼吸が…(´∀`)

私たちに気がついたオットセイたちが遊び始めます。

この角度!フリーダイビングのお手本にしたい。

口を開けて突進し始めたオットセイはもう止まりません。

ものすごい泳ぎを見せて来ます。

一緒に遊びたい(*’▽’*)機材をボートに預け、身軽に変身!

シュノーケルで遊びすぎた私は、その後。。。波酔いに(´∀`)

そして、オットセイたちとバイバイしました( ^ω^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です